ここでは鼻血の原因となる病気、高血圧症や糖尿病などの血管の病気について詳しく説明しています。

高血圧症とは血液が流れる血管の圧力が正常値よりも高くなる病気です。いわゆる生活習慣病の代表的な病気のひとつです。30代以上から患者は増え出し、高齢者では治療を受けていない方も含めると人口の半数以上が高血圧症に罹っているとされています。


sponsored link




血液は血管内の圧力、いわゆる血圧で血液を全身に巡らせています。血管は水道のホースのようなものでホースを手で押さえて縮めると水圧が激しくなるように、血管でも同じことが言えます。さらに水圧が高くなるにつれ、ホースは破裂や亀裂しやすくなるのと同様に、血圧が高くなると血管に損傷を受けやすくなってしまいます。また、傷付いた血管は動脈硬化の原因になってしまうなど、他の様々な合併症を引き起こすこともあります。

高血圧症の場合血管が傷付きやすいことから、症状として鼻血も出ることがあります。体がほてったりのぼせたりすることで起こる鼻血も、一時的に血圧が上昇して起こるものです。高血圧が原因で起こる鼻血は、出血も止まりにくいので注意が必要です。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 鼻腔がん

⇒ 血液の病気

⇒ 正しい鼻血の止め方

⇒ 鼻血が出るメカニズム



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
872boo★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。