ここでは鼻血の止め方について、よくある間違った方法をご紹介していきます。

鼻血の止め方で昔から聞くものの中には間違った方法が数多く存在しています。
@ティッシュを鼻に詰める
A首の後ろをトントン叩く
B顔を上げて上を向く
C鼻をかんで血を出し切ってしまう


sponsored link




@ティッシュを鼻に詰める
これが一番多い間違った方法で、誰もが一度はこの方法を経験していると思います。実は鼻血が出た時にティッシュを鼻に詰めるのは、あまり良い止血法とは言えません。止血の際は圧迫するのが基本となります。「じゃあティッシュを詰めて鼻を圧迫するのは良いんじゃないの?」と思う方も居ると思いますが、ティッシュを鼻に詰めると止血後に詰め物を抜く際、鼻の粘膜を再度傷付けてしまう恐れがあるのです。ですので、もし詰めるのであれば綿などのもっと柔らかい素材を使用するようにしましょう。
A首の後ろをトントン叩く
これも結構ある間違った方法です。残念ながら首の後ろをトントン叩いても、一切の止血効果はありません。むしろさらに出血させたり鼻血が喉の方に逆流したりと良いことはありません。全くの効果のないものが、民間療法として伝わってしまっているので止めるようにしましょう。
B顔を上げて上を向く
これもよくある間違った方法です。Aの方法と同様に、鼻血が喉の方に逆流してしまいます。鼻血を飲み込むと気分が悪くなったり、場合によっては嘔吐してしまうこともあるので、喉に流れてきた鼻血は口から吐き出すようにしましょう。
C鼻をかんで血を出し切ってしまう
鼻血は出し切ってしまった方が良いと、鼻をかんでさらに出そうとされることもあるようです。しかしこれも出血量が増えるばかりか、傷付いた鼻の粘膜をさらに傷付ける行為となります。間違いなく正しくない方法ですので、止めるようにしましょう。

これ以外にも地方によっては間違った民間療法はあるかもしれません。しかし鼻血の止め方で古くから伝わっている方法は、医学的根拠もなく効果もないものがほとんどです。鼻血を止める際は正しい鼻血の止め方で止血するようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 正しい鼻血の止め方

⇒ 鼻血が出るメカニズム

⇒ 鼻の構造と役割

⇒ 鼻腔がん



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
872boo★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。