ここでは鼻血の止め方について、正しい方法をご紹介していきます。

間違った鼻血の止め方というのが広く伝わってしまっていますが、これらは医学的に見ても全く効果もなくおよそ正しいとは言えない方法ばかりですので、行わないようにしましょう。では次に正しい鼻血の止め方をご紹介していきます。
@慌てたり興奮しない
A座る、もしくは立っていても壁などにもたれて、顔は真っ直ぐか少し下に向ける
B鼻を指でつまむ
C冷やす


sponsored link




@慌てたり興奮しない
普段あまり見ない鼻血を見ることで慌ててしまったり、興奮状態に陥ってしまうと血圧が上昇して血が止まりにくい状況になってしまいます。まずは焦らず冷静に対応するように心を落ち着かせましょう。
A座る、もしくは立っていても壁などにもたれて、顔は真っ直ぐか少し下に向ける
仰向けや横向きに寝転ぶのは良くありません。座れるのが理想ですが、座れないのであれば壁にもたれかかるようにしてしばらく安静にしましょう。顔の向きは上方向ではなく、真っ直ぐか少し下に向けるようにして血液が喉へ逆流しないようにしましょう。
B鼻を指でつまむ
止血には圧迫するのが効果的です。小鼻を親指と人差し指でつまむようにして鼻を圧迫します。当然鼻呼吸が出来ませんが、通常およそ5〜10分くらいで血は止まりますので少しの間は我慢して下さい。
C冷やす
冷たいタオルや氷嚢などが用意できるのであれば、鼻を冷やすのも効果的です。冷やすことにより血管が収縮し、より早く止血することが期待出来ます。

一般的に応急処置にはRICE処置が基本となります。Rest=安静、Ice=冷却、Compression=圧迫、Elevation=挙上、の4項目の頭文字を取って名付けられた処置方法です。この中でも鼻の場所は既に心臓よりも上に位置しているので、挙上以外の他3つを実践するようにしましょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ 間違った鼻血の止め方

⇒ 鼻血が出るメカニズム

⇒ キーゼルバッハ部位損傷

⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link



[当サイトへの問い合わせ]
872boo★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。